一度は行きたい神社 珍しいパワースポット(飯塚編)

Blog 筑豊見聞録

他ではあまり聞き慣れない名前の神社が筑豊にはいくつかある。そして、それら聖地に秘められた伝説、言い伝えは数えきれない。

ここではその中でも飯塚市にある、ちょっと珍しいパワースポットを紹介しよう。

撃鼓神社

飯塚市から宮若・宗像市方面へ向かう途中、白旗山の麓に「撃鼓」という珍しい名前を持つ神社がある。ここから石段を少し上ると、小さな祠が立つ上宮がある。

古くは上宮を「鼓打(つづみうち)権現」、下宮を「笛吹権現」と呼び、両権現は神功皇后が朝鮮出兵の折に神楽を奏した際、囃子の太鼓と笛を指導した神であると伝えられている。

境内には神功皇后伝承にちなむ「乳の池」がある。皇后がこの池の水を汲んで授乳の祈願をしたと伝えられており、これに倣って祈願すれば乳の出がよくなるという。

なお、白旗山の名も、皇后が白旗八流を奉納したことに由来するという。『筑前国続風土記附録』や『福岡県地理全誌』などによれば、延享年間(1744ー48)に一時祭神を改めて「熊野権現社」と称したが、後に祭神を旧に復し、社号も再び「整鼓神社」に改めたという。

地理的に宗像や宮若方面との関係が深く、宗像大社の神宝であったという古翁面が伝えられている。

春・秋に拝殿で奉納される神楽は江戸期から続くもので、その演目や様式などを記した古文書も残っている。

近隣には炭鉱王・伊藤伝右衛門が寄進した鳥居が目印となっている許斐神社や、雨乞い祈願の絵馬が残る水祖神社、江戸期は田の中にあったといい、五穀豊穣の霊験あらたかな五穀神社など多くの神社がある。

大根地神社

飯塚市内野と筑紫野市山家の境に位置する標高652メートルの大根地山。

その山頂付近に大根地神社が鎮座する。福徳開運・商売繁昌・五穀豊穣の神として知られ、江戸時代には福岡藩主の信仰も篤かったという。

また、かつては山伏たちの修行の場でもあった。

社伝では、神功皇后が羽白熊篤という豪族を征伐する際この山に登り、天神七代・地祇五代を祀って勝利を祈願したのが始まりとされている。

その後、建久三(1192)年、須佐之男命(すさのおのみこと)と大市姫命(おおいちひめのみこと)を合祀した。

また同じ頃、源頼朝が富士山で狩りを行った際に逃げてきた白狐が大根地山に棲み着いたという伝説もあり、九州の稲荷信仰の聖地の一つになったという。

飯塚市側から神社へ向かう場合は、国道200号線沿いに立つ「荒田の鳥居」から参道に入り、冷水峠を登る。

かつて峠の茶屋があった付近に鳥居や穂波郡と御笠郡の郡境石などがあり、そこから石畳みの風情ある参道を約一時間登り社殿へと向かう。

山頂付近にある境内からの眺望は素晴らしく、眼下の町並みや英彦山を一望することができる。

また、手水舎の横の湧き水は九州の名水百選に選ばれており、豊かな自然や清浄な空間に身も心も癒される。

コメント

タイトルとURLをコピーしました