不屈の文化継承~嘉穂劇場~

長い歴史に育まれた芝居小屋

江戸時代に生まれた芝居小屋は、庶民の娯楽、また文化芸術拠点として人々に親しまれた。それは江戸初期に流行した歌舞伎座としてはじまり、この一方で地方には小芝居として寺社地境内や盛り場で興行が生まれた。

これは明治にいたっても大きく変わらず、日本全国に芝居小屋が建てられた。この時期の筑豊はちょうど石炭鉱業の隆盛であり、国内外から多くの人々が職を求めて流入してきた。こうしたことを背景として、遠賀川流域の各地には大小さまざまな芝居小屋が50近くにおよび、筑豊御三家を中心とする炭坑王も寄付や出資をおしまず、にぎわいをみせていたという。

昭和6(1931)年、嘉穂劇場は旧嘉穂郡飯塚町(現在の飯塚市)で産声を上げた。前身は大正10(1921)年に大阪・中座を模して建てられた木造3階建ての「株式会社中座」であった。火災や台風などにより幾度となく危機的な状況を被りながらの再出発であった。

炭鉱労働者の娯楽として、映画や芝居は人々に親しまれ、大衆演劇や歌手の公演などでにぎわった。しかし、エネルギー革命による炭坑の相次ぐ閉山により、最盛期には延べ266日であった公演数が、1970年代には10~15日に落ち込む。昭和54(1979)年から毎年9月に九州演劇協会による「全国座長大会」が開催したり、独特の建物が醸し出すレトロな雰囲気が、脚光を浴びるようになった。なお、平成に入ってからは、椎名林檎が「座禅エクスタシー」と銘打って、イベントを挙行したこともある。

困難を乗り越え、人々に支えられてきた嘉穂劇場

平成15(2003)年7月19日の大雨により、劇場がある飯塚市の中心部一帯が浸水し、1階内部を中心に壊滅的な被害を受けた。こうした被害を受け津川雅彦らが芸能人仲間に呼びかけ、中村玉緒、明石家さんま、中村勘九郎(後に18代中村勘三郎)などといった俳優や芸能人が駆け付け、復旧チャリティイベントが行われた。このイベントでは、田村正和や木村拓哉らの私物がチャリティオークションにかけられるほど、芸能界からのエールが熱かった。

約1年かけて復旧工事が行われ、復旧を記念して浸水被害直後の公演予定だった九州の人気劇団ギンギラ太陽’Sの公演も行われた。こうした一連の復旧に公的資金の支援を受ける必要があったことから、特定非営利活動法人(NPO)化され今日に至っている。

現存最古の芝居小屋は、香川県琴平町の旧金毘羅大芝居(金丸座 天保六(1835)年)を筆頭として、次いで熊本県山鹿市の八千代座(明治43(1910)年)などがある。これらはともに国重要文化財として、わが国の歴史を象徴する貴重な価値が認められている。嘉穂劇場は、平成18(2006)年には国の登録有形文化財となり、数少ない現存する芝居小屋のひとつとして数えられるものとなった。これは、江戸時代から受け継いできた芝居小屋の建築様式をとどめ、かつ日本の近代化を支えた筑豊炭田の功績を象徴する嘉穂劇場の歴史が、わが国の歴史の1ページとして貴重であるという証拠でもある。

先進技術の発展著しい現代、古くからの伝統を持つものは違った意味で価値を持つ。

嘉穂劇場公式サイト⇒http://kahogekijyo.com/

タイトルとURLをコピーしました