田舎暮らし

スポンサーリンク
Blog 筑豊見聞録

レアなパワースポット巡り!嘉麻市の北斗宮と鮭神社

筑豊地方の肥沃な平野を潤す大河、遠賀川の源流となっている嘉麻市は、豊かな自然とユニークな歴史が魅力の地域です。この中で北斗宮や鮭神社など、多くの文化遺産がこの地に息づいており、訪れる人々に古の時代への旅を提供します。この記事では、嘉麻市の自然の美しさと、その中に息づく歴史的な神社について紹介します。
Blog 筑豊見聞録

芝居小屋を未来へ 嘉穂劇場を地域づくりの担い手として

新型コロナウイルス禍による経営難で2021年5月から休館している福岡県飯塚市の芝居小屋「嘉穂劇場」(国登録有形文化財)の再開に向け、専門家や市民でつくる市の委員会で、改修の内容などの具体策が議論されています。 ここでは嘉穂劇場が、今後どのように再生し、現代によみがえっていくのかをイメージしてみたいと思います。
Blog 地方創生企業力

(株)ちくほう竹活 筑豊地方限定 環境美化キャンペーン

放置竹林の拡大によって、山の幸を失った小動物たちが人里を脅かすようになってきました。竹林を整備したくてもできないとお悩みの方に、(株)ちくほう竹活がキャンペーンという形でご協力、支援させていただきます。筑豊地方限定となりますが、ご検討のほどよろしくお願いします。
Blog 筑豊見聞録

切り絵ものがたり オンライン展覧会 Part1

野勝広応援キャンペーンの一環として、ここでは切り絵作家浦野勝広さんの作品を一堂に会して、アートギャラリーページとしました。これまで当ポータルサイトでは紹介していない作品ばかりです。一枚一枚にイメージした浦野さんの切り絵の世界を感じ、ちょっとした感動や懐かしさ、あの頃の思い出など、日常の中にほっとするひと時を創っていただければ幸いです。
Blog 筑豊見聞録

切り絵作家浦野勝広 応援キャンペーン!

一枚の作品にテーマを設け、ストーリー仕立ての切り絵を筑豊地方で創作している作家がいます。その方は浦野勝広さん。ここではそんな浦野さんの作品をピックアップしつつ、今後の創作活動への応援、支援について提案しています。
Blog 筑豊見聞録

美術品としての新感覚上野焼 空間をおしゃれに彩る八幡窯世良彰彦の陶芸

400年受け継いできた伝統の枠にとらわれず、美術としての上野焼を追及している窯元がいます。その方は八幡窯窯元の世良彰彦さん。陶芸という立場から焼き物に芸術性を求め、空間を彩るセラミックアートを上野の地から創造しています。ここでは陶芸作家、日展作家世良彰彦の作品の特徴にふれ、代表的な作風を感じてもらい、入選・受賞歴を含めた経歴をまとめてみたいと思います。
Blog 筑豊見聞録

気軽に楽しめる筑豊ご当地うどんのお店3選

ここでは仕事や簡単な用事で筑豊に来ましたという時に、ちょっとの時間でご当地うどんを楽しめるお店3つを紹介します。お値段もお手頃で、食べたら満足感が深く、コストパフォーマンスが高いうどん屋さんを、筑豊で楽しむためにまとめました。
Blog 地方創生企業力

地方創生へのアプローチ、里山資本主義を探る

日頃から弊社より提案している「企業活動による地方創生」を具体的に実践し、田舎といわれた生産世代の減少が続く地方に一つ一つ活気を作っていくにはどのような方法があるのか、そしてそれを見据えた上での里山資本主義とはどんなものなのかを考えてみましょう。
Blog 地方創生企業力

暮らし広がるBambooLife 竹を資源、資材に、そして身近に

ここでは、竹林整備から発生する間伐材などを活用するノウハウをまとめています。どれも竹林が資源となり私たちの暮らしを支え、そして環境保全へとつながるものです。森林資源のリサイクルとともに竹材活用を活かした体験活動ワークショッ、イベント、工作教室や講座などの生涯学習の材料としてご検討いただければ幸いです。
Blog 地方創生企業力

ドキュメンタリー竹林は宝 進化し続ける竹材

日本人の私たちにも古くから関わりがある。ここでは日用品や雑貨として活用されている竹細工、竹材にふれてみよう。近い将来、貴重な資材として「竹財」というネームブランドへ成長するかもしれない。竹林が資源として、資産活用される筑豊地方の事例もあわせ紹介したい。
スポンサーリンク