添田町

スポンサーリンク
Blog 筑豊見聞録

風雲!岩石(がんじゃく)城

彦山川上流、添田町と赤村の境にそびえる岩石山(標高454m)山頂を中心に、全長500mにも及ぶ巨大な城郭・岩石城があります。(がんじゃくと読める人は珍しいかも⁉︎)ここでは豊前一の堅城ともいわれた山城の歴史を、ちょっとだけ詳しくみてみましょう。
Blog 筑豊見聞録

福岡紅葉スポット穴場 筑豊・田川地区でもみじ狩り8選(2020年版)

中秋もすぎ行く今日この頃、秋の深まりも朝晩に身に染みている方も多いでしょう。そして、そろそろもみじ狩りにも行こうかなんて考えている人も…そこで今回は筑豊で紅葉見物するなら、〝ここは穴場〟というポイントも含め、癒しの景観をまとめてみました。
Blog 筑豊見聞録

雪舟悟りの境地 筑豊で造った庭園に込められたメッセージ

ここで紹介する庭園の数々は、室町時代の禅僧として中学・高校の日本史の教科書には必ずといってもいいくらい登場する人物、雪舟が造園したというもの。福岡の山間にあるこの筑豊に、いくつかの庭園を自ら造営、もしくは設計したという。雪舟が造った庭園から何を感じ、そしてどんな癒しやメッセージがあるのだろうか。
Blog 筑豊見聞録

踏切名は「爆発」!? 日田彦山線の忘れられないトンネル事故

夜明~添田間の運休が続く日田彦山線、先日BRT(bus rapid transit)化へと方針を固め、とりあえず復旧を目指すことになった。複雑な経緯で開業を果たした路線、その中でも忘れられない事故がある。それは「二又トンネル爆発事故」。この稿は、この爆発事故をクローズアップし、次世代へとつなげる鉄道を価値ある資産とするため、忘れるべきではないエピソードをシェアしたい。
Blog 筑豊見聞録

廃線跡をたのしむ旅 ローカル線に秘められたストーリー(添田線)

不採算路線とも言われ、一時期全国各地で経営合理化という名目で、廃線へと追い込まれたローカル線。筑豊炭田が役目を終え炭坑がなくなった後、それを追うように利益の見込めない路線が次々と消えた。今回紹介する旧国鉄添田線もそのひとつ。そこにある昔と今のストーリーを伝えたい。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました