小さな事業が地方から輝くMEO、地域密着型のWeb対策とは?

Blog 地方創生企業力

SEOという言葉を聞いたことがある人は多いと思います。最近ではそれによく似た言葉があります。それはMEOです。この言葉は一体何を意味し、SEOとどう違うのでしょうか?その意味を知れば、個人事業主や中小企業、これから起業を目指す方にとって、MEOが大きなメリットになることがお分かりいただけるでしょう。それではMEOとは何か、地図検索ユーザー向けのコンテンツを見直し、SEOとの違いや効果について説明しましょう。

MEOとは?

MEOとは、Map Engine Optimizationマップエンジン最適化)の略です。これは、地元企業や起業家のウェブサイトを地図検索エンジンの検索結果で上位に表示させることです。

位置情報サービスやモバイル検索を利用する人が増えるにつれ、起業家、個人事業主、あるいは中小企業の経営者や広報担当者にとって、地図検索エンジンへの最適化はますます重要になってきています。

地図検索エンジン最適化は、「近くのレストラン」のようなローカルベースの検索をターゲットとし、最適化することに重点を置いています。MEOのプロセスを通じて、事業主や企業はコンテンツを作成し、ローカル検索に最適化することで、地図検索エンジンの上位結果に表示されるよう対策していくのがMEOと呼ばれます。

地図検索ユーザーのためにコンテンツを見直す

MEOを最大限に活用するために、企業、店舗、個人事業、あるいは起業家など事業者はコンテンツを見直し、地図検索に最適化されていることを、常に意識することでウェブからの収益化につながります。事業者は所在地に関連するキーワードやフレーズを含めることが条件となってきます。

例えば宮若市を拠点とするのであれば、コンテンツに「宮若市」、「筑豊」、「直鞍」といったキーワードを入れる。さらに、住所などの詳細な所在地情報をウェブサイトに掲載することでユーザビリティが向上し、検索エンジンからの高評価から順位を上げるという仕組みがMEOの基礎基本となります。

また、ローカル検索にモバイルデバイスを使用する人が増えているため、事業主、企業はコンテンツがモバイルフレンドリーであることも重要です。

SEOとMEOの違いを踏まえた効果的な使い方

世界中のユーザーをターゲットとするSEOとは異なり、MEOは地域にフォーカスしているのが特徴です。地図検索エンジンに最適化することで、事業主や企業は地元のユーザーにリーチする一方で、他地域から当該地に訪れた人々が情報検索する際にもアプローチすることができます

さらに、地図検索エンジンのランキングはユーザーの所在地からの距離、そして求めるコンテンツと関連に基づいて決定されるため、地図検索エンジンの検索結果で上位を獲得しやすくなります。

地図検索最適化によって、地元地域の中でより多くのアクセス数を獲得するにしたがって、競合からの差別化へのプロセスが描けるようになります。さらに、地元の顧客は身近な地域の店舗を訪れ、繰り返し商品を購入するリピーター、濃いファン層の育成も可能となります。

事業者は以上のような日々日ごろの積み重ねによって、MEO対策から収益を上げることができ、場合によってはSEOよりも効果的という結果にもつながるものなのです。

MEOの基本演習と実践内容

MEO(地域検索エンジン最適化)は、個人経営のお店や従業員規模が小さい中小企業、あるいは起業家にとって、事業所在地における差別化とネームブランド向上、ローカルマーケット上での情報発信にとってきわめて重要です。

しかも、大きな予算をともなうものでもなく、その多くが無料で実践できます。このため、事業者にとっては、やらずにいるのはもったいないと言えます。そこで以下は、MEO対策を効率的に実践するためのポイントをまとめてみました。

  1. 地域キーワードの選定:
    • お店の特徴や提供する商品・サービスに関連する地域キーワードをリサーチ。
    • 地域名や近隣エリア、地域に特有の言葉をキーワードとして活用します。
  2. Google My Business(GMB)の最適化:
    • GMBをしっかりと設定し、正確な営業時間、住所、電話番号などを掲載します。
    • カテゴリーの正確な選定や説明文の充実も大切です。
  3. ローカルなコンテンツの充実:
    • 地域に関連するブログ記事、ニュース、イベント情報などのコンテンツを積極的に作成し、ウェブサイトに掲載します。SNSの活用でも問題ありませんが、ウェブサイトやブログの方が事業家とってはのぞましいです。
    • 地域に根ざした情報提供がSEOにも良い影響を与えます。
  4. 地域リンクの構築:
    • 地域の企業や団体、イベント主催者と連携し、相互にリンクを張りましょう。
    • 地元メディアや地域の他サイトからの被リンクは検索エンジンの信頼向上に寄与します。
  5. モバイル最適化:
    • 地域検索は主にモバイルで行われることが多いため、ウェブサイトはモバイルフレンドリーであることが必要条件となります。
  6. 口コミ・レビューの管理:
    • お店の口コミやレビューはSEOに大きな影響を与えます。良い口コミがあれば積極的に公開し、悪い口コミには迅速かつ適切に対応や改善をしましょう。
  7. ソーシャルメディア活用:
    • 地域に特化したソーシャルメディアの活用も重要です。Facebook、Instagram、Twitter(現X)などで地域のニーズに合った情報発信を行います。
  8. 地域検索広告の利用:
    • Google広告や地域ターゲティングのできる広告プラットフォームを活用して、特に重要なキャンペーンを展開します。

これらのポイントを組み合わせて、地域検索エンジンでの効果的な露出を増やしましょう。効果を確認しながら戦略を調整することも大切です。

これらのタスクは、すぐに効果のでないものもありますが、地道に追加、改善を繰り返していくことで長期的に収益化を安定させる効果が望めるようになります。

まずは上記の8つのタスクを実践し、その過程でMEOの基本を理解することが重要です。

小さなビジネスで必要となるMEOツール

MEO対策にはさまざまなツールが利用できます。以下は、その中でもオープンソースのツールや無料で利用できるツールです。

  1. Google マイビジネス (Google My Business):
    • Google マイビジネスは無料で利用でき、地域検索エンジン最適化の基本です。営業時間や連絡先情報の更新、写真の投稿などを管理できます。
  2. Google ツール:
    • Google Keyword Planner: キーワードリサーチに役立つツールで、地域に関連するキーワードの検索ボリュームや関連キーワードを調査できます。
  3. Google Analytics:
    • ウェブサイトのアクセス数やコンバージョンを追跡するためのツール。地域別のアクセス数やコンバージョンデータを分析できます。
  4. Yoast SEO:
    • WordPressでサイト作成している場合、Yoast SEOプラグインはオープンソースで利用できるSEOツールで、地域SEOに特化しています。
  5. OpenStreetMap:
    • オープンソースの地図サービスで、お店の正確な位置情報を提供するのに役立ちます。
  6. Local SEO Checkup:
    • オンラインで提供されている無料のツールで、お店のローカルSEOの健康状態を診断することができます。
  7. Google Search Console:
    • ウェブサイトのパフォーマンスを監視し、検索エンジンでの表示状況を確認できます。
  8. Google Trends:
    • 地域ごとのトレンドや検索の変化を追跡するためのツール。地域に特有の検索動向を把握するのに役立ちます。

これらのツールは無料またはオープンソースで提供されており、効果的なMEO戦略の実践には基本的なツールとなります。ただし、全てを活用する必要はなく、選択するツールはお店の具体的なニーズに合わせて選定することが重要です。

こうしたツールの活用には費用負担が無料、あるいは少ないため、予算を見積もってから準備するというリスクがありません。有料のツールを活用する前に、上記のツールの中からご自身に馴染めるものや、友人・知人も活用しているというツールを選択して実践することをオススメします。

とりわけGoogleが提供しているツールは全て無料で活用できる上に、検索エンジンにおける情報の動向からアドバイスを提供してもらえることがあります。このため、Googleツール群はMEO対策の上で必須と言っても過言ではありません

以上のツールは使い始めのうちは難しいと感じる方も多いかもしれません。使いこなせるようになるまである程度の期間が必要な場合もあります。ですが、そんな手間隙を掛けながらも、個人事業主や中小企業の経営者、広報担当、あるいは起業家にとっては、その後の事業展開を大きくする上では欠かせないはずです。コツコツと継続して活用していくのが、将来的にMEOという大きな武器に成長させていくという長期的な関わり方が大切となります。

MEOでトップ3にランクインするために

SEOとMEOのイメージ図

先述のツールを活用しては見たものの、なかなか思い通りの成果が得られないこともしばしばです。特に検索ウィンドウのトップ3に入りたいとお考えの場合は、結構時間と労力を要する場合があります。これには、戦略的で包括的なアプローチが必要です。以下に、そのためのアプローチをいくつかご紹介します。

  1. キーワードリサーチと選定:
    • 地域に特化したキーワードを研究し、競合が激しくないかつ実際のユーザーの検索意図にマッチするキーワードを選定します。SEOと同時に対策していくことで相乗効果が見込めます。
  2. Google My Business (GMB)の最適化:
    • GMBはローカルSEOの中心です。正確な住所、電話番号、営業時間などの情報を提供し、極力詳細にGMBを充実させましょう。
  3. オンページSEOの最適化:
    • タイトルタグ、メタディスクリプション、見出しタグなどを地域に合わせ最適化します。
    • 地域のキーワードをコンテンツ内に自然に組み込みます。
  4. ローカルコンテンツの充実:
    • 地域に関連するブログ記事やニュース、地元のイベント情報など、ローカルなコンテンツを提供します。
  5. リンクビルディング:
    • 地元企業や地域のウェブサイトからのバックリンクを増やすことで、検索エンジンの信頼性を向上させます。
  6. モバイル最適化:
    • 地域検索は主にモバイルで行われることが多いため、ウェブサイトはモバイルフレンドリーであることを確認します。
  7. 口コミ・レビューの積極的な収集:
    • GMBや他のプラットフォームでの口コミ・レビューの積極的な収集と返信を行います。ポジティブな評価がランキングに影響します。
  8. ソーシャルメディア活用:
    • 地域に特化したソーシャルメディア戦略を展開し、コンテンツの拡散と相互作用を促進します。
  9. 地域検索広告の利用:
    • Google広告や地域ターゲティングのできるウェブ広告を活用して、効果的な広告キャンペーンを展開します。
  10. 定期的なモニタリングと改善:

ウェブサイトのアナリティクスデータを定期的に確認し、トラフィックやコンバージョンの変動を分析して戦略を最適化します。

これらのアプローチを組み合わせ、持続的かつ戦略的なMEO活動を行うことが、地域検索エンジンでトップ3にランクインする鍵となります。

連載してきましたMEO対策についてのSNS講座も今回で終了となります。個別に質問事項やご不明な点があれば下記問い合わせフォームからコンタクトして頂ければ幸いです。

    地方の個人事業・中小企業、そして起業のための情報発信〜ウェブマーケティングのススメ〜

    弊社提案の「ウェブマーケティング基本9原則」をもとに

    インターネットの環境を有効活用して

    マーケティングを効率的、効果的に

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました