地域おこし

スポンサーリンク
Blog 地方創生企業力

地方創生へのアプローチ、里山資本主義を探る

日頃から弊社より提案している「企業活動による地方創生」を具体的に実践し、田舎といわれた生産世代の減少が続く地方に一つ一つ活気を作っていくにはどのような方法があるのか、そしてそれを見据えた上での里山資本主義とはどんなものなのかを考えてみましょう。
Blog 地方創生企業力

ドキュメンタリー竹林は宝 暮らしの中の廃材活用

竹の廃材利用でもっともメジャーといっても過言ではないのが、竹灯籠や室内照明のシーリングかもしれない。ここでは近年ロケーションアートなどとも言われ、イベントなどでの夜景演出、ライトアップなどで人気を集める竹灯籠、竹材を使ったシーリングにターゲットを当ててみよう。
Blog 地方創生企業力

ドキュメンタリー竹林は宝 〜竹チップ・パウダーの土壌改良〜

竹チップ・パウダーの多様な活用方法の中でも、ここでは農業用の土壌改良剤として使うケースについてお話します。伐採したものの使わなければただの廃材、その秘密を知ることで驚くような効果を生み出します。
Blog 筑豊見聞録

コンパクトシティ飯塚市での暮らしレポート

筑豊地方最大の人口規模をもつ飯塚市は、大都市福岡と北九州市にもアクセスが良く、一人暮らしから子育て世代、そして高齢者にもやさしい都市として知られます。この稿では、程よく利便性のあるコンパクトシティ、飯塚市の暮らしについてレポートします。
Blog 筑豊見聞録

走れ未来にむかって 気動車キハ2004あらたな役割を担い

先日、平成筑豊鉄道が気動車「キハ2004」を動態保存するため、クラウドファンディングによる基金を募集しています。キハ2004(ひたちなか鉄道)「キハ2004」という気動車、その昔はどの国鉄路線でも目にするほどでした。写真をみれば懐かしいと、...
未分類

地方創生に炭坑の遺産が

私達筑豊に住む中では、「当たり前」とか、「何の変哲もないガラクタ」とか、そんな言い方で片付けられそうな炭坑関連の遺構。この一方で筑豊以外に暮らす人々にとっては、「当たり前」ではないから、むしろ魅力を感じる。そんな喜ばしい、筑豊に暮らす私達も...
Blog 筑豊見聞録

直方歴史資料館構想への提言~歴史と文化の継承と活用~

6月1日付西日本新聞筑豊版の記事。「直方市、40年来の悲願」との見出しが印象的で「歴史資料館建設へ始動」とある。記事の内容は、古くからの町屋建築である篠原邸を再活用し、歴史と文化に関する資料を展示するという案と、候補地をあらたに設けふさわし...
スポンサーリンク