木造駅舎

スポンサーリンク
Blog 筑豊見聞録

木造駅舎の今昔物語 変わりゆく直方駅(筑豊のローカル線)

数年前に近代的な駅舎へと建て替わった直方駅、スマートな駅舎と駅前ロータリーの整備も相まってとても快適な駅前空間が広がっている。しかし、こうなる以前は木造駅舎を中心に、鉄道のまちとして親しまれてきた経緯があります。ここでは先代の木造駅舎を少し詳しくお話し、近代化産業遺産として価値の高い側面や過去の記録を備忘録として残しておきたいと思います。
Blog 筑豊見聞録

木造駅舎の今昔物語 採銅所駅(筑豊のローカル線)

このたびクローズアップするのは、香春町にある採銅所駅です。木造建築物としては100年を超える歴史のある建物は、香春町の指定文化財として住む人々に親しまれています。その駅舎のこれからには、どんな展望があるのでしょうか。
Blog 筑豊見聞録

木造駅舎の今昔物語 鯰田駅(筑豊のローカル線)

ほんの少し前までは古い木造駅舎だった福北ゆたか線の鯰田駅。今はすっかり近代的な駅となり、スタイリッシュになっています。新しい建物もいいのですが、古き良き木のぬくもりを感じさせてくれた木造駅舎も忘れたくはないものです。鯰田駅の備忘録として、ここに先代の駅舎について紹介したいと思います。
Blog 筑豊見聞録

日本最古級の木造駅舎油須原駅(筑豊のローカル線)

平成筑豊鉄道油須原駅、木造駅舎として明治期の建築様式だと言われております。そのためか最近訪れる人々も見られるようになりました。たしかに駅周辺の景観ともども、この付近だけは時がとまったかのように「どこか懐かしい」と感じさせます。その油須原駅の魅力に迫ってみましょう。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました