福北ゆたか線

スポンサーリンク
Blog 筑豊見聞録

神話をたどる旅 神功皇后の足跡を追って 飯塚市大分へ

神功皇后の足跡は、筑豊地方に数多く残ります。その一つ、福北ゆたか線筑前大分駅(飯塚市)から車で約20ほどの距離の山間にショウケ越し、徒歩で約15分程度のところに大分八幡宮という神社があります。このふたつの場所に残した神功皇后の足跡はどんなものでしょう。
Blog 筑豊見聞録

ローカル線鉄道の旅筑豊版5選 No.5 福北ゆたか線~直方編~

福岡、北九州、筑豊地方から、「福」「北」「ゆたか(豊)」と地名にちなんで命名されたJR九州福北ゆたか線。通勤・通学に活用する人々が多いが、その一方で沿線のみどころもたくさんあります。今回は直方編として直方市内からいくつかピックアップし、その楽しみ方をシェアしたいと思います。普段は自家用車という人も、たまには車窓からの風景を楽しんでみてはいかが?
Blog 筑豊見聞録

木造駅舎の今昔物語 変わりゆく直方駅(筑豊のローカル線)

数年前に近代的な駅舎へと建て替わった直方駅、スマートな駅舎と駅前ロータリーの整備も相まってとても快適な駅前空間が広がっている。しかし、こうなる以前は木造駅舎を中心に、鉄道のまちとして親しまれてきた経緯があります。ここでは先代の木造駅舎を少し詳しくお話し、近代化産業遺産として価値の高い側面や過去の記録を備忘録として残しておきたいと思います。
Blog 筑豊見聞録

木造駅舎の今昔物語 鯰田駅(筑豊のローカル線)

ほんの少し前までは古い木造駅舎だった福北ゆたか線の鯰田駅。今はすっかり近代的な駅となり、スタイリッシュになっています。新しい建物もいいのですが、古き良き木のぬくもりを感じさせてくれた木造駅舎も忘れたくはないものです。鯰田駅の備忘録として、ここに先代の駅舎について紹介したいと思います。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました