山伏たちの息吹を感じ 岩屋権現自然公園

Blog 筑豊見聞録

数々の霊木が宿る福智の自然。時折緑の癒しを求めて来る人がいます。そこは岩屋権現自然公園と呼ばれ、その名から荘厳さですら感じます。この公園、けっして人気スポットではありませんが、人の混み合いにあうこともないため気軽に訪れる人が後を絶ちません。ここではこの自然公園について紹介しましょう。

神々しさに満ちた巨木 岩屋権現の大杉

岩屋権現の大杉

方城スカイライン(現在は封鎖中)の入口あたりにある岩屋権現自然公園には、ひときわ存在感の強い大きな杉が人の目を集めます。

その名も「岩屋権現の大杉」。

推定樹齢300~400年とも言われる巨木、人々を圧倒するかのようにそびえ立っており、自然の大いなる力を感じずにはいられません。

この巨木、実生により繁殖した非常に貴重な杉とされています(九州本島には天然の杉は存在しないと考えられているためです)。

崖に山伏の息吹や足跡 方城岩屋磨崖梵字曼荼羅

岩屋権現のお社の横の懸崖には建武2年(1335年)法橋良蜜によって刻まれた梵字曼荼羅がありいずれも福岡県の文化財に指定されています。

そびえたつ大杉の前にずっしりと腰を据えた大きな岩がありました。この岩に刻まれている方城岩屋磨崖梵字曼荼羅は、岩屋権現境内の崖面に刻まれた梵字と曼荼羅、銘文からなる県指定文化財です。

中心となる曼荼羅は四印会曼荼羅と呼ばれる珍しいもので、記年銘のあるものとしては最古のものだそうです。

その昔、中世から江戸時代にかけて、日本三大霊場である英彦山には、500を超える坊舎に3000人を超える修行僧がいたとされます。

つまり、修験が盛んで大名や貴族をはじめ一般庶民まで幅広く信仰を集めていました。

この英彦山で暮らしていた僧たちの年中行事に、「峰入り」という修行がありました。その一つのルートとして、福智山が位置していたと記録があります。

自らの霊験や悟りを得るため、時には荒業とも言える功徳を山のなかでおこなっていました。人も自然の一部と考え、輪廻転生、宇宙の波動に同調する修行を課していたとか…

修験道を語る上で貴重な資料です。一度足を運んでぜひ宇宙の縮図に触れてみてください。

親子で遊べる自然公園

滑り台と広場

敷地内には、岩屋権現に隣接し遊具設備があるのもうれしいところ。

境内のお参りの帰りに寄って遊ぶのはもちろん、トイレや水場を備えているので、自然を満喫しながらゆっくりと楽しむことができます。

ちょっとした遊具もあり、キャッチボールやバドミントンで軽く汗を流す程度の運動ができるスペースもあります。

水場を活用したバーベキューで訪れる家族づれも多く、帰り道には「ほうじょう温泉 ふじの湯」もあり、余暇の過ごし方には最適です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました